無期制

会員であり続ける限り有効です。

全可延有期制

何らかの条件・手続きで発生時点を基準に残存ポイント全体の有効期限が一定の期間に更新されます。

例えば、全Pが、手続き時点から1年間存続、となります。

可延有期制

何らかの条件・手続きで発生時点を基準に対象とする残存ポイントの有効期限が一定の期間に更新されます。

例えば、y年m月に有効期限を迎えるnPが、手続き時点から1年間存続、となります。

固定有期制

付与別に付与時点を基準に一定の有効期間が設定されます。

mP獲得時にmP分は獲得時点を基準にx期間有効、nP獲得時にnP分は獲得時点を基準にx期間有効、となります。

個別有期制

付与別に付与時点を基準にそれぞれに有効期間が設定されます。

mP獲得時にmP分は獲得時点を基準にx期間有効、nP獲得時にnP分は獲得時点を基準にy期間有効、となります。

不定性

有効期間に関する記述が見つかっていません。(無期制とまぎらわしいですが、異なります。)